20131010

2013.10.10 Thursday

短大時代の成績通知書を発見したので眺めていたら、全くもう完全に記憶が皆無の履修科目があった。哲学。こんな今なら喜んで学びたい興味ありありの科目を私は履修していたらしい。履修してたという記憶自体が無いし、その事実を知ってなお記憶のカケラも出て来ない。随分昔から自分の記憶機能については色々と思う所があるのだけどここまで完全に抜け落ちてるのは初めてで、自分で認識出来ない自分の過去があるというのは気持ち悪いというか非常に変な感じだ。
昔住んでた所に10数年ぶりに行った時に、皆は私の事を認識するのに私はほぼ誰の顔も認識出来なかった時ぶりくらいのびっくりだった。
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL