20131029

2013.10.29 Tuesday

何度かここでも書いたとおり、私は小さい頃6〜7年秘境と言われている山奥で住んでいたのだけど、来月その地域でいわゆるアートイベントが行われるらしい。恐らく町興しのような意味合いだろうと思う。そして私はこういった場合によく聞くようになんとなく複雑な心境になる。地域に若者がいなくなり人がいなくなり村が無くなる、それはもちろん寂しい。でも本来その場所には無い何かで一時的に人を呼んで、本来の場所が持つ魅力は正しく伝わるのか、地域住民の生活やバランスのようなものが失われることはないんだろうかとか、なんて本当に勝手に思ったりする。ありきたりながら。
でも、文化や伝統、景観、住んでいる人…何をもって「その場所」なのかと思うと、むしろ変化していくことは自然なことであるはずで、そういう意味では「今のままの魅力を」なんて思うほうがエゴのような気もしてくる。
そしてわたしはその場所で産まれた訳でも今住んでいる訳でもないので、こんなことを書くことさえ本当に勝手なことで、やっぱり何をどうしていくかを選んでいくのはその場所に関わっている人たち。なのでなんか良いようになったらいいな、と、今年は見に行けないけど来年もやるのなら見に行きたいと思った次第でありました。興味持たれた方はぜひ見に行ってくださいな。徳島県です。

【マチトソラ芸術祭】http://machitosora-art.com/
ソラ会場よりもう少し上った辺りに6〜7年、マチ会場周辺にも4〜5年住んでた。
関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL